うちの子がキレた!

アクセスカウンタ

zoom RSS I LOVE THAI

<<   作成日時 : 2008/05/11 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

吉祥寺“きゃりこ”のおせちちゃん。ロシアンブルーっていうのはスリムな生き物だったですね。そういえば。
忘れていました。

5/11…3-2ステップ成功
5/12…3-2ステップ成功

- + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +

昨日、5/11は代々木公園で毎年開催される「タイフェスティバル」へ。
もうかれこれ、今年で4回目になるのかなぁ。
ということは4年か。時が経つのは早いものです。

タイフェスタ、どんなもの?というと、タイ料理の屋台エリア(ここが本命)、物産などのエリアなどタイにかかわるさまざまのものがあります。
あいにくの雨なのに結構な人が来ていました。
私も友人たちとしっかり食べてきました
鶏肉とバジルの炒め物
画像


パッタイ(タイ風焼きそば)
画像

画像


雨だった上、とても寒くて食べたら早々にカフェに避難。
辛いものの後の甘いものサイコー
画像


私はタイ料理に目が無く、好きがこうじてタイ料理教室に通っていたことも。
そんな私も大学の卒業旅行でタイを訪れたときは
“二度とタイ料理は食べない!”
という感想だったのです。。あのすべての料理に共通した独特な香り。そしてバンコクの街中を歩くと屋台からも絶えず同じに香りが…
タイにいる間中、どこにいても“人生生きてきて、経験したことのない”独特な香りに包まれ、それで嫌いになってしまったのだと思います。

それがなぜ好きになったのか…
タイ旅行から帰って、二度と食べないと決めていも、なんだかんだとオサレな街のタイ料理、ベトナム料理屋…など“日本人好みの創作料理”を食べる機会が何度かあり、
そのころの感想は“食べられるぐらい独特な香りはマイルドになっているけど、ぱっとしない”という感想に。香りがマイルドになればおいしくなるというものでもない。ということに気づく。

そして、運命の出会いが。
当時住んでいた街の地下街にひっそりとやっていたタイ料理やさん。
住み始めてから4年ぐらいして気づいた。
人が並ぶほど繁盛もしていないけど、なんだか気になる存在
しばらく気になっていて、遂に足を踏み入れ。

それから私のタイ料理好きが始まります。
お店のお味は多分タイでいうと、「定食屋・家庭の味」かな?
今まで日本で食べてきたのは多分「高級料理店」に近い味なんだろうか。

そのお店は当時、3店舗展開していて、現在はさらに3店舗増えました。
自分の好きなお店が同じように好きで食べてくれているという事だと思うのでとてもうれしいです。
最近はお店もとても繁盛しています。

お店の味は香辛料・ハーブはがっつり入っていて、香りも辛さも日本人好みにカスタマイズされていない(とおもう)味。
それがたまらなくおいしい。
私がタイ料理屋さんにいって「この店は私の好みの味か?」を判断するために食べる料理が決まっていて、いまだこのお店を越えるところはない!(まあ、料理なんて個人の好みそれぞれでおいしさは違うけれど)

ブログ書いていたらまた食べに行きたくなったな

■Data■
チャオタイ
☆友人いわく店舗によっても味に違いがあるみたいです。私は川崎店がオススメです。
オススメ料理は、
タープイサーン(タイ東北風豚の香草和え)
ソフトシェルクラブのにんにく炒め





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
I LOVE THAI うちの子がキレた!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる